桐山漣結婚の噂の相手飛鳥凛って誰?仮面ライダー出身俳優の行方は

芸能

この夏、日本テレビ系列木曜ドラマF「探偵が早すぎる」が話題となっています。

ドラマでは滝藤賢一さんと広瀬アリスさんのW主演となっています。

ほんの僅かな違和感を感じ取り動き事件を未然に解決するというニュータイプの探偵千曲川光を滝藤賢一さんが演じいます。

広瀬アリスさんが演じる十川一華は父親の死により5兆円もの遺産を引き継ぎそれによって謎の大陀羅一族から命を狙われる事となります。
そもそも「探偵が早すぎる」は井上真偽さん作の推理小説で、最初から読者に犯人の正体が明かされているスタイルです。

主人公の千曲川光は事件が起こる前に犯人か仕掛けようとした同じ手で犯人を返り討ちにするという独特な方法で事件を解決?します。

そもそも事件が起こっていないのに解決とはどういうことかと思いますが、誰も死なない事件でその内容の面白さが話題となりました。

そしてドラマでは片平なぎささん演じる大陀羅一族の長女朱鳥の息子、大陀羅壬流古を演じるのが桐山漣さんです。

スポンサーリンク



知名度アップしている桐山漣が結婚していた?

現在33歳の桐山漣さん。

20代前半から俳優を目指してアルバイトしながらの養成所レッスンを受ける生活を送っていました。

2006年「ミュージカル テニスの王子様」に出演すると、2009年平成仮面ライダーシリーズ第11作「仮面ライダーW」で左翔太郎役で連続ドラマ初主演を飾りました。

菅田将暉さんとのW主演で話題となりました。

同年「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010」で映画初主演を果たしました。

その後、2011年よりドラマ「ホンボシ~心理特捜事件簿~」に御子紫衛役者でレギュラー出演する事になりました。

広く人気になったのは同年の「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」の難波南役です。

小さい頃から夢は仮面ライダーになる事という、それが実現した時は嬉しさのあまり男泣きしたそうです。
その後、映画、ドラマ、CMなど様々な分野で活躍してしますが、よく、ほかの俳優と間違えられる事もあるようです。

(関ジャニ∞の大倉忠義さんは特に似ていると言われている様です。)しかし、桐山蓮さんはそのプロフィールを見てみるとぽっと出の若手俳優というよりはかなりの苦労人。

何度もオーディションを繰り返し、様々な役を自分の手でつかんで来たのです。

そんな桐山漣さんに結婚の噂が出ています。

噂の相手飛鳥凛ってどんな人?

飛鳥凛さんは27歳、2006年に芸能事務所スターダストプロモーションのオーディションに合格して芸能界入りしました。

2008年ドラマ「口裂け女2」で主演を務め、「ひぐらしのなく頃に」園崎魅音役、「ケータイ捜査官7」唐崎晶役、「仮面ライダーW」園咲若菜役などを好演しています。

ここで、桐山連さんと共演しています。

それで結婚かという噂が広がったようですが事実は結婚していませんでした。

その後はホラー系の出演作品がとても多いので「ホラー女優」と呼ばれるようになっていきました。

2010年にはDVD「and friend」でグラビア活動もしています。

桐山漣さんは彼女以外にも「スイッチガール」で共演した西内まりやさんとも噂がありました。

イケメンなので共演車と噂になってしまうのはむしろ当たり前な事なのかもしれませんね。

若手俳優の登竜門「仮面ライダー」の威力

「仮面ライダー」といえば、歴史のある戦隊ものの子供向け番組ですが、今や、若手俳優の登竜門として子供の親世代にも人気があります。

「仮面ライダー1号」がテレビで放送されたのは1971年です。

この50年近く子供達の夢であり、世代を超えた「かっこいい」であったように思います。

その主演俳優達の豪華な顔ぶれ!当然、演じていた当時は無名の若手俳優でしたがその後、有名になって今以て活躍している俳優はとてもたくさんいます。
「仮面ライダー1号」は藤岡弘さん、

「スカイライダー」村上弘明さん、

「仮面ライダークウガ」オダギリジョーさん

「仮面ライダー響鬼」細川茂樹さん、

「仮面ライダーカブト」水嶋ヒロさん、

「仮面ライダー電王」佐藤健さん、

「仮面ライダーキバ」瀬戸康史さん、

「仮面ライダーW」桐山漣さん、菅田将暉さん、

「仮面ライダーフォーゼ」福士蒼汰さん、

「仮面ライダードライブ」竹内涼真さん…

その後の活躍が約束されているかのように続々と有名になって行ってますね。

子供と一緒に観ている母親層の人気を得る事で次へのステップを掴んで行くように思います。近年のイケメンライダーである西銘駿さん(20)、飯島寛騎さん(21)、犬飼貴丈さん(23)もこれからブレイクして行く事は間違いないでしょう。
そんな仮面ライダーになる事が夢だった桐山漣さん、

2005年「仮面ライダーカブト」

2006年「仮面ライダー電王」

2008年「仮面ライダーキバ」

2009年「仮面ライダーディケイド」と立て続けにオーディションに落選しました。

それでも諦めず、2009年「仮面ライダーW」の主役を見事に勝ち取ります。

オーディションの受験者数は2000人でした。

それだけ、夢を掴もうと多くの俳優志望者が殺到するのです。

その中からチャンスを勝ち取り有名になって行くのですね。

「仮面ライダーW」でもう1人のライダー、菅田将暉さんの活躍は周知されていますね。

俳優としてだけでなく歌手としても活動しています。
桐山漣さんもオーディションを受けまくっていた時Mr.Childrenが大好きで「終わりなき旅」を聴きオーディション前にテンションを上げたりしていたそうです。

高校時代はバンド活動をしており、一時はミュージシャンを目指していました。

菅田将暉さんのように、歌手活動をするのかもしれませんね。
今回のドラマでも脇役ながら個性を出す事が出来ればまた、さらに、他の分野での活躍が期待出来るのではないでしょうか。
因みに韓国のK-popグループ、SHINEE の日本シングル「君のせいで」のMVに桐山漣さん俳優として出演しています。

SHINEE のステージを一緒に観にきた過去の恋人を思って泣いているという設定でかなりの演技力が必要でした。セリフが無いMVの世界観を見事に表現していました。
今後も様々な分野の仕事にチャレンジして、いつか、憧れのMr.ChildrenのMVに出られるようになったらいいですね。

それまでは結婚はお預けになってしまいますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました