オニュ(SHINee)いつからと注目の兵役時期発表12月10日

K-POP

オニュ(本名:イ・ジンギ、이 진기、1989年12月14日 生まれ)は、韓国出身のアイドルグループSHINeeのメンバーでリーダーです。

日本語での名前の表記はオンユですが、韓国語での読み方はオニュ。

オニュという芸名は「穏やかで柔らかい」という意味で、優しい笑顔と歌声を併せ持っているため事務所が名付けました。

2008年5月25日に韓国でSHINeeのメンバーとしてデビューし、2011年6月22日に日本デビューしました。

そのオニュが12月10日入隊する事がわかりました。

 

関連記事 → テミン(SHINee)のソロコンサート2018始動!そのセトリ

関連記事 → SHINeeキーインスタ更新訳は?ソロデビュー決定で新しい姿を

関連記事 → SHINEEジョンヒョン遺書の意味と友達財団「ビチナ」設立

スポンサーリンク



オニュいつから兵役?

11月9日、歌謡界関係者によると、オニュは12月10日、入所し、基礎軍事訓練を受けた後、現役として服務すると発表されました。

1989年生まれのオニュはSHINeeの長兄であり、リーダーとしてチームを率いてきており、メンバーのうち、初めて軍入隊のニュースを発表しました。

2008年、SHINeeでデビューしたオニュは『お姉さんはとても綺麗(Replay)』がヒットしました。

「コンテンポラリー・バンド」という修飾語を持っているシャイニーは、音楽と踊り、ファッションなどすべての多様な部門で時代に合ったトレンドを提示して、過去10年あまりの間、韓国を代表するアイドルとしてKポップや韓流をけん引しました。

特に、SHINeeは2018年デビュー10周年を迎え、3つのアルバムで、順次公開された正規6集’The Story of Light’EP.1、EP.2、EP.3を発表して、去る9月には、ファンミーティング「シャイニースペシャルパーティー-ザシャイニング」(SHINee SPECIAL PARTY-THE SHINING)を開いてファンと楽しみました。

一方、オニュは2013年『シットコムロイヤルヴィラ』を皮切りに、演技にも挑戦、KBS 2TV『太陽の末裔』が日本でも大ヒットして俳優としても活躍しています。

オニュ注目の兵役時期発表12月10日

韓国の男性には兵役が「国民の義務」として義務付けられています。

それは芸能人も勿論対象です。

満30歳になるまでに必ず入隊しなくてはなりません。

オニュは今年満29歳。

早くて2018年、遅くとも2019年には入隊しなくてはいけないのです。

オニュは2017年に女性にわいせつな行動をしたことで逮捕されており、韓国ではあまりイメージが良くありません。

兵役が近いこともあり、

「兵役に行くとともにSHINeeを脱退するのではないか?」

とも囁かれていた時期がありますし、

「オニュをSHINeeから脱退させようとする運動」

がファンの間であったことも事実です。

しかし今年SHINee10周年でカムバックをし、精力的に活動していることから、

「脱退はせずに、今後もSHINeeとして活動はしていく方針なんだな」

推測されました。

汚点を払拭するのは韓国では難しいことですが(韓国は結構一度の過ちを払拭するのが難しい国です)、頑張ってほしいなと思います。

そして、SMエンターテインメントは、

「オニュが静かに入隊することを希望しているため、本人の意思を尊重して入隊場所と時間は公開しない。」

とし、特別なイベントもないだろうとつけ加えました。

オニュは2008年SHINeeのリーダーとしてデビュー、韓国国内はもちろん、世界中のファンの注目を集めてきました。

今年はデビュー10周年を迎え、5月から3枚に分けた6thフルアルバムを発表し、トリプルタイトル曲『迎えに行く(Good Evening)』『 Want You』『Our Page』は各種グローバル音楽配信チャート1位になるなど熱い人気を得ました。

もともと歌手志望だったオニュは、SMエンターテイメント系列の学院であるSMアカデミーのボーカル科7期を受講していました。

高校時代の夢はシンガーソングライターで、市ののど自慢大会で奨励賞をとったこともあるくらい、歌の実力は元から高かったようです。

2006年少女時代ショーケース・オーディションにSMアカデミー院長の推薦で参加していたところ代表のイ・スマン氏の目に留まり、SMの練習生となりました。

そして2年後SHINeeとしてデビューしました。

メインボーカルやリーダーとしてSHINeeを支える存在となりました。

View this post on Instagram

워오 날씨.. 모두화이팅!

A post shared by 오뉴 (@dlstmxkakwldrl) on

オニュ兵役へジョンヒョンの一周忌待たずに

一方でSHINeeのメンバーであったジョンヒョンが昨年27歳で亡くなりました。

1990年4月8日に誕生、2017年12月18日に亡くなりました。

生誕28年が経過しました。

2018年12月18日は一周忌です。

ジョンヒョンは、国民的アイドルとしてスターダムに居続けながら、人の痛みや弱さをどこまでも思いやることの出来る人でした。

そして、その思いを音楽として死の直前まで発信し続けていました。

彼の楽曲に困難を救われた人がどれほどいる事でしょう。

これからも、きっと多くの人々の心を動かし続けると思います。

そんな、ジョンヒョンの一周忌を、待たず入隊。

様々なツイートが起きています。

【ジョンヒョンの一年待ってから行くかなって思ってたけど… 覚悟してたけど日付出るとやっぱり、つらい】

【仕事終わってTwitterひらいたらオニュ入隊…初めて推しが入隊でなぜか全身に鳥肌たったわ…。】

【何年も前から恐れていたオニュの入隊が遂に決まったか…! 今年もあっという間に過ぎ去っていったから、2020年7月もあっという間に訪れるよね】

【でも不思議とどこか冷静な自分がいて。ついに来たか…ってもちろんびっくりしてるけど正直本当に涙が止まらなくて辛かったのはSunny Sideの歌詞聞いたときだった オニュが入隊してからたくさん聞こうと思ってあれからあまり聞いてなかったけどこれから毎日聞く!泣】

どこまでも、優しく、ひっそりと、静かに、SHINee のリーダーとしてグループの事を考えた行動を取って行くという強い意志が感じられます。

ジョンヒョンの死、

テミンのソロツアー、

キーのソロデビュー、

ミノのモデル活動…

そして、オニュの入隊

と何となくSHINee はこのままばらけてしまう様なさみしさを感じるのは私だけでしょうか。

「必ず戻ります。」というコンサートでのオニュの言葉を信じて行きたいファンは沢山いるはず。

元気で帰ってきますよね。

待っています。

 

関連記事 → テミン(SHINee)のソロコンサート2018始動!そのセトリ

関連記事 → SHINeeキーインスタ更新訳は?ソロデビュー決定で新しい姿を

関連記事 → SHINEEジョンヒョン遺書の意味と友達財団「ビチナ」設立

コメント

タイトルとURLをコピーしました