角替和枝さんがんで闘病も64歳の若さで死去夫柄本明らに見守られ

未分類

舞台、映画、ドラマなどで幅広く活躍した女優角替和枝(つのがえ・かずえ)さん(本名柄本和枝=えもと・かずえ)が、がんのため27日早朝に都内の自宅で亡くなったことが同日、分かりました。

64歳の若さでした。

静岡県生まれ。

つかこうへい事務所を経て、劇団東京乾電池に所属していました。

スポンサーリンク



角替和枝さんがんで闘病も64歳の若さで死去

夫柄本明さん(69)

長男柄本佑さん(31)

次男柄本時生さん(29)、

佑の妻安藤サクラさん(32)もそれぞれ俳優として活躍する芸能一家です。

通夜、葬儀は、本人と家族の希望で密葬で営まれます。

関係者によると、角替和枝さんは27日午前5時ごろ、柄本明さん、柄本佑さんらに見守られて息を引き取ったそうです。

柄本時生さんは海外で仕事中のため、最期をみとることはできなかったといいます。

角替和枝さんは、約1年間の闘病生活を続けていました。

NHK連続テレビ小説「ハイカラさん」(1982年)

「おひさま」(2011年)

「花子とアン」(2014年)

など数多くのドラマに出演しています。

個性豊かな演技力で、愛嬌ある存在感を放ち人気を集めました。

26歳の時に柄本明さんと結婚。

現在放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインを演じる安藤サクラさん(32)は長男柄本佑さんと結婚しており、義理の娘に当たります。

安藤サクラさんにNHKから出演依頼が届いたのは昨年10月初めで、角替和枝さんは厄年を迎えていた安藤サクラさんに、

「大厄の年だからこそ大役をやるべき」

と励ましたといいます。

まだ、若いのにとても残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました