新元号はいつから変わるの?その予想と発表時期や候補ネットで話題

行事

平成から新元号に変わるのはいつからなのでしょう。

まさに現皇太子が天皇に即位される時ですね。

それは、2019年(平成31年)4月30日(火)から5月1日(水)です。

平成は、31年と4ヶ月30日で終わることになります。

元号は日本では、やはり重視されて、経済的にも、様々な方面への影響があります。

政府も2018年8月1日に皇位継承式典事務局を設置しました。

その予想される候補や発表時期など気になります。ネットでも話題となっています。

スポンサーリンク



新元号はいつから変わる?

政府は平成29年(2017年)12月8日の閣議で、今上天皇の退位日を平成31年(2019年)4月30日(火)にすることを閣議決定しました。

翌日5月1日(水)に皇太子殿下が新天皇に即位し、新元号が施行されます。

平成という元号は平成31年(2019年)4月30日(火)をもって幕を閉じ、2019年5月1日から新元号になるということになります。

現在の元号の決め方は、昭和54年(1979年)に成立した元号法によって定められています。

元号法には、

「第1項:元号は、政令で定める。第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)」

と書かれているそうです。

具体的には、内閣総理大臣が数名の有識者に委任し、それぞれが2~5個の候補を提出し、内閣官房長官が提出されたものを検討、整理し、結果を内閣総理大臣に報告します。

いくつかの条件があるようです。

  1. 国民の理想としてふさわしいような意味を持つものであること
  2. 漢字2字であること
  3. 書きやすいこと読みやすいこと
  4. これまでに元号またはおくり名として用いられたものでないこと
  5. 俗用されているものでないこと

です。
そして、総理府総務長官、内閣官房長官、内閣法制局長官らによって精査され、数個の案を選定し、全閣僚会議で新元号の原案について協議し、閣議において改元の政令の決定という形で決められます。

新元号その発表時期は

新元号について、政府は皇太子殿下が新天皇に即位される2019年5月1日の一ヶ月前の4月1日の公表を想定して準備を進めると発表しました。

しかしながら、いま現在、新元号が何になるか発表されていませんが

「新元号は2018年内に発表される」

との情報もあるため、近いうち発表される可能性が極めて高いようです。

元号は、特定の年代に付けられる称号のことで『年号(ねんごう)』と呼ばれることもあります。

慶応4年(1868年)を明治元年に改元(元号を改めること)したときに、一世一元と決められました。

一世一元とは、ひとりの天皇にひとつの元号ということで、在位中は元号が変わることはありません。

昭和から平成に改元したときを思い出してください。

昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御されてから、内閣が有識者とともに新しい元号を決め、その日のうちに発表が行われましたね。

これまでは、天皇が崩御されて皇位の継承があってからの発表でしたが、今回の場合、国民生活に大きな影響を与えないために事前に発表することを決めたそうです。

国民生活にも大きな影響を与える為、前もっての発表は良い事だと思われます。

印刷物や役所などの届け出用紙、また、カレンダーなどその経済的にも移行するものが大きいですね。

新元号の予想ネットでは?候補も上がっている

ネットでは、安始(やすし・あんし)や安久(あんきゅう)があります。

予想されているもので多いのは、新元号の一文字は、『安』のようですね。

新しい天皇の時代が安らかなるようにという希望が込められていて人気があるそうです。

昭和から平成に変わる時には、3つの候補『平成』、『正化』、『修文』に絞り込まれ、最終的に『平成』となりました。

今回も最終的に3つに絞り込まれ、首相と官房長官などのごく限られたメンバーで決定されるそうです。

すでに有識者によりいくつかの新年号案が出ているといわれていますが、昭和天皇崩御時に候補となった『修文』『正化』が、案のひとつとして復活するのではないかと言われています。

ちなみに、平成という年号を提案したのは東京大学名誉教授の東洋史学者である山本達郎さんです。

頭文字がHとなる平成が選ばれた過去があります。

新たな年号を決める際の有識者は、日本政府から昭和天皇崩御に伴う新元号の決定に関して委嘱を受けた者となります。

平成を提案した山本達郎さんもそのひとり。

当時『修文』と『正化』が採用されなかったのは『昭和』の頭文字がSであり、それとかぶるからでした。

頭文字がHとなる平成が選ばれたとされています。

新たな時代にあった候補を選ぶときがきました。

そんななか、新年号は少なくとも『M』『T』『S』『H』が頭文字のものにはならないことが、ほぼ確定しているという噂があります。

ではそれを排除した場合、どんな新年号になる可能性が高いのでしょう。

年号考察に関して詳しい人によるコメントは、

「M、T、S、H 以外の頭文字となると、いまのところ W が頭文字の新年号になる可能性が高いと思います。

年号の発音の響きや文字の種類として『わ』は親和性が良いのです。

しかし『和』という感じは昭和で使用されていますから、それを避けて『A』が頭文字の『あ』が新年号に採用されるかもしれません。

『安』や『相』などですね。」

今回の新元号を決定するにあたり、過去の年号候補としてあがった『修文』『正化』を含め、新たな時代にあった候補が複数含まれるともいわれています。

また、発表のタイミングがいつになるのか、それに関しても今までとは違う時期と発表の仕方になる可能性があるといいます。

とにかく、崩御前の元号の変更は初めてのことです。

歴史の初めてを見る事になります。

中には、

「元号自体の有無も考えた方が」

という意見もあるようですが、日本では元号で「◯◯生まれ」とう言い方が慣例で、それが無くなってしまうのも寂しい感じがありますね。

どんな新元号になるか大きな注目が集まっていますが、可能ならば2018年のうちに新年号を発表してもらい、日本経済が混乱しないよう配慮してほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました