ハニオ日記石田ゆり子のインスタが大人気可愛いすぎはちみつ兄弟も

芸能

ニオ日記とは石田ゆり子さんがインスタにアップしている飼い猫ハニオの日常をハニオ目線で綴っているものです。

昨年11月頃からインスタに心のつぶやきをアップし始めたハニオ。

その独特なつぶやきに可愛いすぎと癒されるファンが急増して大人気です。

いまや、フォロワーは168万にもなっています。

そんな、ハニオ日記の魅力をご紹介しましょう。

スポンサーリンク



ハニオ日記石田ゆり子のインスタ

そもそもハニオ日記のハニオとは何故名付けられたのか?

『ハチミツオトコ』でハニオなのだそうです。

まさしくはちみつ色の茶トラのハニオ。

性格は、いたずらっこで食いしん坊です。

おかーさん(石田ゆり子さん)がぢょゆう(女優)ということは知っており、『逃げ恥』などの出演ドラマはチェックしているようです。

昨年11月頃からインスタに心のつぶやきをアップし始めたハニオ。

当初は、

「今日もおかーさんに叱られた。」

という1文で始まり、いたずらっこの日々をつづる

「#僕はもうどうしたらいいのかわからない」

シリーズでした。

現在、元々の住人ゴールデンレトリバーの雪とタビ、ハニオという2匹の猫と暮らしている石田ゆり子さん。

インスタでも犬や猫の里親募集などを行うほど動物愛にあふれています。

そんな中、昨年夏から、兄弟猫タビとともに石田家に仲間入りし、今や最もインスタに登場しているのがハニオです。

生後1週間から石田さんが育てているそうです。

石田ゆり子さんのインスタにおいて度々登場する

「#ハニオ日記」

や、

「#僕はもうどうしたらいいのかわからない」

シリーズは必見です。

猫のハニオ目線で、石田ゆり子さんを「おかーさん」としつづられる文章は“かわいい”の一言です。

それを石田ゆり子さんが書いているっていうところがさらに癒やしポイント高めです。

来世は猫になろうと思うファンの方も多いのではないでしょうか。

日本で一番人気の猫といわれている茶トラの性格は人懐っこく、チンチラとは正反対でクールな面は全くないといってもいいほどの甘えん坊さんです。

ですが、気が弱いので、敵対心がむき出しの猫がいると自ら調和を図る行動もとる事があるという平和主義者でもあります。

もう一つの特徴は、食いしん坊なところです。

猫は一度にあげたご飯を全部食べず、あえて少しづつ食べるために、残す習性があります。これは狩りをして過ごしていたころからの名残で、ご飯を食べすぎてしまうということは猫にはあまりありません。

与えられた食事を、必要な時に必要な分だけ食べることが出来るのです。

ですが、茶トラの場合は、食欲が旺盛すぎて与えられたら与えた分だけ食べてしまうなんてこともあります。

大人になると、ある程度は食欲が落ち着くこともありますが、子供の頃は特に、きちんとした量を時間や回数などで調節してあげることが大切ですね。

すっかり青年になったハニオは最近インスタ上ておしゃべりもするようになりました。

もちろん石田ゆり子さんが変声を当てているのですが、これがなんともハニオっぽい。

たちまちフォロワーの間で話題になりました。

石田ゆり子インスタ可愛いすぎハニオ

ハニオだけでなく、一緒に暮らすゴールデンレトリバーの雪と兄弟猫のタビも個性的で可愛いです。

ゴールデンレトリバーの雪はハニタビが赤ちゃんの頃から甲斐甲斐しく面倒を見て2匹のお母さん的存在です。

そんな甲斐甲斐しくお世話する様子も動画でアップしています。

2016年の夏から飼い始めたのが『タビ』と『ハニオ』2匹はオスの兄弟で、野良猫の赤ちゃんを保護し、石田さんが生後1週間の頃から育てているんだそうです。

名前の由来は、『ハチミツオトコ』で『ハニオ』、白足袋を履いたような柄だったから『タビ』になったそうです。

かわいい名前です。

インスタには石田さんが2匹の育児に奮闘する様子も載っています。

この2匹も猫種は明らかにされていないのですが、ハニオが“茶トラ”タビが“サバトラ”なのではないかと思われます。

石田ゆり子さんは、

「猫ばかりと言われてもなんといわれてもわたしは動物たちから計り知れないパワーをもらっている。」

とコメントを添えて両腕に猫を抱きかかえた写真を公開しました。

猫のハニオとタビ、犬の雪3匹に囲まれて暮らす石田ゆり子さんは頻繁に動物たちの写真を公開しており、もはや猫の写真が石田ゆり子さんを上回る事態となっています。

しかし、このヒーリング効果を求め、日々多くのファンが石田ゆり子さんのインスタを訪れています。

可愛いすぎはちみつ兄弟も

これまで犬の雪、猫のハニオ&タビと暮らしていた石田ゆり子さんは、7月21日、

「おはようございます。なにかいますね」

とその毛色から“はっち、みっつ”と名付けた2匹の子猫の写真をアップしました。

石田ゆり子 Yuriko Ishida on Instagram: “動物病院に ハニタビのご飯を取りに行ったらハニオの子分みたいな はちみつ兄弟🍯に会った。 うーーーーーーー うーーー!!! ほしい… 無理無理無理 ハニオの子分…。 はっちとみっつ。 心の中で名前も付けました。 バカですわたし。”
175.7k Likes, 1,732 Comments - 石田ゆり子 Yuriko Ishida (@yuriyuri1003) on Instagram: “動物病院に ハニタビのご飯を取りに行ったらハニオの子分みたいな はちみつ兄弟🍯に会った。 うーーーーーーー うーーー!!! ほしい… 無理無理無理 ハニオ...

5月5日に生まれたばかりであることや、品種は立ち耳のスコティッシュフォールドであることを明かし、

「立ち耳のスコティッシュは売り物にならない(泣)ということで動物病院にて保護されていました。」

と悲しみもはらんだ出会いの瞬間についても公開しています。

この動物病院での出会いは約2週間前にインスタで報告されており、

「ハニオの子分みたいなはちみつ兄弟に会った。」

「ほしい…無理無理無理 ハニオの子分…。はっちとみっつ。

心の中で名前も付けました。

バカですわたし。」

とこの時点で名前を決めるなど、2匹とも引き取る未来はすでに決まっていたような気もします。

その数日後には、ハニオとタビが寝転んだ写真とともに

「ハニタビ兄弟の間にはちみつ兄弟がいたらと仮定してみる。」

と頬が緩む青写真を描いていた他、

「わたしの体力仕事との両立。」

「なんとかなるのでは、という心の声と無理無理無理という心の声がせめぎ合う。」

と飼い主として責任を果たせるのかと葛藤していることも明かしていました。

石田ゆり子 Yuriko Ishida on Instagram: “ハニタビ兄弟の間に はちみつ兄弟🍯が いたら と仮定してみる。 あの小さくてかわいすぎる はっちとみっつ。 万が一、と仮定しても 茶トラの猫三匹と おはぎ色の猫一匹 そして 大型犬の雪。 わたしの体力 仕事との両立。 いや、かつてわたしは 猫四匹、ラブラドール一匹と…”
128.2k Likes, 1,287 Comments - 石田ゆり子 Yuriko Ishida (@yuriyuri1003) on Instagram: “ハニタビ兄弟の間に はちみつ兄弟🍯が いたら と仮定してみる。 あの小さくてかわいすぎる はっちとみっつ。 万が一、と仮定しても 茶トラの猫三匹と おはぎ...

そして2週間熟考した結果、

「一度は諦め、里親を探していたのですが、紆余曲折ありましてやはり我が家で迎えること。」

とついに決意をした石田ゆり子さん。

思い悩む姿を見ていたファンからは、

「なんと、はっちとみっつが!」

「やっぱり家族に迎えたんですね!」

「大切にしてくれるゆり子さんのところに迎えてもらえてよかったです。」

など温かなコメントが多数寄せられています。

成長記録が楽しみ過ぎますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました