BIGBANG VIのアイドルにあるまじき商才

K-POP

BIGBANGといえば日本だけで無くアジアで人気のk-popアーティストであります。リーダーのG-DRAGON、T.O.P、SOL、D-LITE、VIの5人グループです。特にG-DRAGONの人気は絶大で自身が作詞作曲のBIGBANGワールドはドームを満員にする力を持っています。カリスマラッパーのT.O.P、ダンスが上手いSOL、そして歌唱力を伴う透き通る声を持つD-LITEと個性豊かなメンバーです。その中で、マンネ(末っ子)のVIは最初はどちらかというと影が薄い存在でした。その存在感を出し始めたのは韓国で人気が出て日本デビューの頃からでした。2008年「Strong Baby」でソロデビューし、2011年ソロ1stミニアルバム「V.V.I.P」を発表。メンバーの中でも日本語を熱心に勉強して習得し、日本のコンサートでのMC的な役割を果たす様になりました。だけにとどまらず、日本のバラエティー番組に出演してギャグを飛ばすまでになりました。(あまり面白くないけど)日本の芸能人とも親交を深めています。

スポンサーリンク



実業家としての顔

最近では本業よりも実業家としての活動が活発です。ラーメン好きが高じて「アオリの神隠し」というチェーン店を展開、その他クラブの経営もしています。メンバーからは、「最近のVIさんは歌手よりもラーメン屋さんの経営で忙しい〜」と揶揄される事も。BIGBANGのファンは世界中にいるので事業も韓国のみならず、日本、中国と展開しています。

また、DJレーベルを立ち上げて、所属事務所(YGエンターテイメント)のヤン.ヒョンソク社長が買収して、YG系列会社の社長として就任しました。アーティストと社長という2足のわらじ的な立場となりました。一時期は事業の試食でしょうか太ってしまって、コンサートの時ファンから「スンちゃん(VIの愛称)痩せて」のプラカードが出ていた事もありました。

 

そんなVIも27歳。まだ、兵役には間がありますが、BIGBANGの兄たちは昨年の公演を最後に今年に入り続々と入隊しました。2/27にGD、3/12にSOL、3/13にD-LITE、T.O.Pはその前から入隊していましたが、薬物事件があり今は待機中の身です。残ったVIも年内には入隊の予定らしいです。それというのも、BIGBANG完全体の空白の時間を最小にしようしているものとみられます。兵役期間が2年なので、ばらばらに行くのなると10年かかってしまいます。メンバー全員で一斉に行けば2年強で全員でコンサート活動で出来ます。何よりもファンもそれを望んでいるでしょう。

 

常々、BIGBANG兄たちはアーティストとして才能があり、ビジュアルもカリスマ性があり、比べられ、いじられしてきたVIですが、こんなに商才があるとはビックリです。そして本人も何よりそれを楽しんで、BIGBANGとしての自分の立ち位置をよく理解していて、その道、例えばバラエティーに向いているならそれでも良しとし、将来の事を視野に入れた枠組みを着々とやっていっている様な感じがします。

でも、歌も上手いですよ。声がとても透き通っていて。

空白期間を最小限に

BIGBANGが完全体になるのは最小期間である事は言えるでしょう。東方神起の様に復帰コンサートは物凄い盛り上がりになる事は間違いありません。と、同時にファンの期待も待たされた分大きいものになっていきます。それぞれのスキルを上げていかないとすぐにファンは離れて新しい若いグループに行ってしまいます。韓国芸能界も大変厳しい中生き残りをかけて頑張る姿はたまに痛々しく感じる事があります。そんな中VIの様に異色のアーティストが出てきた事に興味を感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました