樹木希林死去で内田裕也憔悴浅田美代子コメント過熱報道に芸人怒り

芸能

9月15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の家族葬が9月17日、東京・品川区の桐ヶ谷斎場で営まれました。

40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也さん(78)も憔悴した様子で参列しました。

夫妻の一人娘で喪主を務めたエッセイストの女優、内田也哉子さん(42)と夫で俳優、本木雅弘さん(52)一家も最後の別れを惜しみ、荼毘(だび)に付されました。

公私ともに親しい女優、浅田美代子さん(62)も参列しコメントを寄せています。

悲しみが広がっています。

また、憔悴した内田裕也さんに対する過熱報道に芸人が怒りをコメントしています。

スポンサーリンク



樹木希林死去で内田裕也憔悴

9月15日に75歳で死去した女優樹木希林さん(本名・内田啓子)が17日、都内斎場で荼毘(だび)に付されました。

夫の歌手内田裕也さん(78)長女也哉子さん(42)、也哉子の夫で俳優本木雅弘さん(52)ら親族と、特に親交の深かった女優浅田美代子さん(62)らに見守られて火葬されました。

9月30日に東京・南麻布の光林寺で営まれる本葬儀は、也哉子さんが喪主を務めます。

樹木希林さんのひつぎは9月17日午後1時39分、本木雅弘さんと也哉子さん、モデルUTAさん(20)伽羅さん(19)玄兎君(8)の3人の孫たちに見送られ、都内の自宅から運び出されました。

神妙な面持ちの本木雅弘さんの隣で、まだ8歳の玄兎君が手を合わせ、けなげにお辞儀をしている様子が公開されました。

伽羅さんが大事そうに抱えた遺影の写真は、青い着物姿の希林さんが、凜とした表情でたたずんでいるものでした。

本木雅弘さんの所属事務所によると、写真は今年、撮影されたもので、也哉子さんが選んだそうです。

その約3時間後、荼毘に付された希林さんの遺骨をUTAさんが抱え、無言の帰宅をしました。

遺体は親族や浅田美代子さんら親しい関係者ら30人に見守られ、火葬されました。

出棺の際に夫の内田裕也さんは姿を見せませんでしたが、火葬には立ち会ったようです。

長年、別居生活を送っていましたが、内田裕也さんもさすがに憔悴し切った様子で、也哉子さんは涙を流していたといいます。

約40年別居した内田裕也さんは昨秋に右足甲と肋骨を骨折し、現在は車いす生活を送っています。

妻の最期は看取れず、9月15日昼に無言の対面を果たし、樹木希林さんの家から車で5分前後の場所にある都内の家に帰宅していました。

葬儀の日は午後1時40分過ぎに自宅から女性マネジャーに付き添われ、タクシーで桐ヶ谷斎場へ向かいました。

現地で娘一家と合流し、午後2時から営まれた家族葬には一家や親友の浅田美代子さんら約30人が参列しました。

葬儀の際、「HOW ABOUT NO?」日本語にすると「ありえない」と書かれたバッジを胸につけていました。

これは内田裕也さんのメッセージで、あえてマスコミに撮られることを分かった上でつけていたという憶測が広がっています。

樹木希林さんと内田裕也さんは実際の結婚生活はおよそ1年半だったそうです。その後はずっと別居生活を送りながら夫婦であり続けるという変わった夫婦関係だったことは広く知られていますね。

樹木希林さんの訃報を聞いた夫の内田裕也さんは、夫人の死に大きなショックを受け、心の整理が着かない状態だと言います。

関係者によると

「あまりに突然で、急だったので、(内田裕也さんは)大きなショックを受けている。」

と明かしました。

樹木希林死去浅田美代子コメント

失意の底にある遺族に代わり、樹木希林さんと家族同然の交流をしていた浅田美代子さんが近況を語りました。

この1カ月はほぼ毎日、会っており、死去当日も見舞っていたそうです。

「ブドウを口に含んで『食べなさい』って。

『おいしいね』と話すと、うれしそうでした。まさかその晩に…」

と絶句していました。

「母であり、姉であり、親友」

という樹木希林さんとの思い出は尽きないようです。

「(樹木希林さんに)金魚のフンみたいにくっついて歩いてました。」

という駆け出し時代の思い出を語りました。

歌手吉田拓郎さんとの結婚(後に離婚)に反対する両親を、樹木希林さんが

「そんなのあり? っていうやり方で説得してくれた」

というエピソードなど。

思い出を語るうちに喪失感に襲われたのか、

「これからどうすればいいんだろう。」

と涙ぐんでいました。

樹木希林さんは2013年に「全身がん」を告白し、闘病生活を送っていました。

死に顔を見た浅田美代子さんは

「すごく安らかな顔をしていました。」

と明かしました。

「あちらへ行っても、知り合いに声をかけられて『こっちに来ても忙しいのね』って言っている気がします。

(西城)秀樹、森繁(久弥)さん、加藤(治子)さんとか、みんながいるから寂しくないと思う。」

とコメントしています。

樹木希林死去で内田裕也憔悴過熱報道に芸人怒り

内田裕也さんは数日中には、文書で樹木希林さんへの思いを公表したい考えのようですが、今は、都内で気持ちの整理をつけようとしているところで、公に出られる状態ではないといいます。

都内の内田裕也さんの自宅マンションには報道陣が集まりましたが、呼び鈴を押しても反応はなかったようです。

このことについて、お笑い芸人とろサーモンの久保田かずのぶさんは自身のツイッターを更新。

「不謹慎すぎる。

公に出れる状態じゃない人の家に行き、亡くなったその日に詰め寄り関係性もない赤の他人が呼び鈴まで押すという鬼畜の所業。

それを記事にして金をもらい飯を食うという職業。もう、正気の沙汰じゃない。極まりなく不快だ。記者やなく危者やな」

と報道のやり口を強く批判しました。

「不謹慎すぎる」と強く訴えています。

これに対し「おっしゃる通り」と共感の声寄せられています。

高感度が仕事に影響する芸能人が、

「マスコミ批判」をすることは決して容易ではありません。

このことから、臆することなくツイートした久保田かずのぶさんの姿勢を称賛する声も多くあがっています。

久保田かずのぶさんは芸能人です。

マスコミを敵に回したら何らかの不利益があるかもしれない。

それでも言うべきことは言うという姿勢、素晴らしいと言う意見が上がっています。

度々問題となる、著名人の訃報への過熱報道。

大切な人の死と向き合う家族や関係者の気持ちを思いやる、最低限の配慮がなされるべきではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました