紅白歌合戦出演者2018-19年は?平成ラスト紅白のコラボは誰

芸能

毎年、下半期に入ると話題に上がってくるのが紅白歌合戦の出演者についてです。

今年は特に平成ラストの紅白歌合戦という事で、盛り上がっています。

特にその年に活躍した初出場アーティストへの注目度は高く、昨年は

エレファントカシマシ、

丘みどり、

SHISHAMO、

TWICE、

竹原ピストル、

トータス松本、

Hey! Say! JUMP、

三浦大知、

Little Glee Monster、

WANIMA

と言った面方々が発表されました。

紅白歌合戦出演者2018-19年はどうなるのでしょうか。

発表はまだ先でありますが、今年もネット上ではすでに初出演予想が飛び交っています。

関連記事 → 紅白歌合戦司会者2018‐19年は?今年の予想の噂と昨年の評判

関連記事 → 紅白歌合戦出演者 (2018〜19 )予想司会者も決定間近か?

関連記事 → 紅白出場歌手発表はいつ?2018平成最後の総合司会は内村光良に

スポンサーリンク



紅白歌合戦出演者2018-19年は?平成ラスト紅白

今年は平成ラストの紅白歌合戦となります。

出演者が注目されますね。

昨年はロック系の初出場が目立っていましたが、、今年の紅白初出場に期待したいバンドと言えばSuchmosとクリープハイプです。

昨年リリースの2ndアルバム『THE KIDS』が、『第59回 輝く!日本レコード大賞』で「最優秀アルバム賞」を受賞しました。

Suchmosは、今年「2018 NHKサッカーテーマソング」として楽曲『VOLT-AGE』が起用されたことで、改めてお茶の間にその存在感をアピールしました。

クリープハイプも今年はNHK関連のタイアップがあり、2月~3月の『みんなのうた』として楽曲「おばけでいいからはやくきて」をリリースしています。

今月には2年ぶりの新アルバムを発表、来月からは全国ライブハウスツアーが開催されるなどバンドとしても絶好調ですが、、最近はボーカル・尾崎世界観の小説家としての一面にも注目が集まっています。

先月には『めざましテレビ』のマンスリープレゼンターとして生原稿読みにも挑戦するなど、今年は特に幅広く活躍する姿が見られました。

アイドルでは、今年のBiSHの快進撃は紅白初出場も期待できます。

昨年末に『ミュージックステーション』出演を果たしてから一気に名を広めていき、今年3月発表のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』は、オリコン週間CDシングルランキングで初の1位を獲得しました。

さらに5月に横浜アリーナで開催されたワンマンライブは完売、翌月には2枚のシングルを同時リリースしました。

さらにグループ全体だけではなくメンバーそれぞれのソロ活動も活発になってきているなど話題は尽きず、ますます活動のスピードが加速しています。

紅白歌合戦出演者2018-19年平成ラストの話題は誰

そして、海外からは、昨年のTWICEに続き、韓国グループの中でも、

「今年こそは」

「平成ラストの目玉」

と注目されているのが、ワールドワイドな人気を誇るBTS(防弾少年団)です。

今春に日本で3枚目のオリジナルアルバム『FACE YOURSELF』をリリースし、11月からは日本4大ドームツアーの開催も予定されています。

また、今年の4月に韓国出身のアーティストとして初めてNHKの音楽番組『SONGS』に登場した際は、アンコール放送もされるなど大きな話題を呼んでいいました。

そして、「平成ラストから次の時代」のジャニーズの若手有望株と言えば、今年デビューしたばかりのKing & Princeです。

1stシングル『シンデレラガール』の売上枚数は2010年代最高の初週57.7万枚を記録し、来月には早くも2ndシングルのリリースが決定しています。

デビュー年にして紅白初出場への期待がされています。

また、個性の強いメンバーが揃っていることから、今後はさらにバラエティ番組などでも顔を観る機会が増えていきそうな気配です。

また、「平成ラストの年に再ブレイク」新曲「U.S.A.」が大ヒット更新中のDA PUMPが、16年ぶりに紅白に出場することへの期待されています。

超特急も可能性あります。

スターダストプロモーション所属でメンバーは吉野晃一さん、小笠原海さん、船津凌雅さん、草川拓弥さん、村田祐基さん、福田佑亮さん、松尾太陽さんの7人組です。

愛称はコーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシです。

J-POP、シンプルで覚えやすいフック、ダンスビートのミュージックを展開するユニットです。

メインダンサーやバックボーカルでパフォーマンスを行うチームです。

テレビはレギュラーやドラマ、ラジオ、映画などでも活躍をする人気男性グループとなっています。
そして、平成ラストに注目されているのが、ユーチューブで配信した楽曲が、今年になって5作品の「1億回再生」を達成した米津玄師さんが紅白に出場するかどうかです。

米津玄師さんはデビュー前からニコニコ動画に楽曲を投稿していましたが、石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』の主題歌「Lemon」で一躍、時の人となりました。

NHKの出場者要素によると、

「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出の3つの要素を中心に総合的に選考しています」(広報局)

との事です。

米津玄師さんは、少なくともこのうちの2つは満たしています。

また、もうひとつの重要な基準とされる「NHKに対する貢献度」もクリアしているそうです。

NHKは東京オリンピックが行われる2020年に向けて頑張っている全ての人を応援するプロジェクトを開始しますが、その応援ソングの作詞・作曲をしたのが米津玄師さんです。

米津玄師さんは10代、20代からの支持が非常に高く、今や星野源さんに次ぐ人気ぶりです。

NHKとしては若い視聴者を獲得するために是が非でも出場してもらいたいので、むしろラブコールを送っています。

あとは、米津玄師さんサイドが出るか、出ないか決めるだけになっているようです。

MVのみの公開でカリスマ性、アーティストとしてのイメージを大切にしているのでテレビではあまり見かけません。

最近では、ラジオやテレビCMなどに出ていますね。

米津玄師さんにとっても広くメジャーになるチャンスなので、演出方法によっては出演する可能性は十分あるという噂です。

紅白歌合戦2018-19年平成ラストのコラボ

そして紅白の「コラボ企画」も注目です。

昨年は朝ドラ『ひよっこ』の特別編が放送されました。

総合司会を務めた内村光良さんの特別企画としてコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』の人気キャラクターたちが登場し、ぶっつけ本番の生コントが繰り広げられていました。

平成ラストのコラボ企画として噂に上がっているのが、星野源さんの冠番組『おげんさんといっしょ』です。

星野源さん扮する「おげんさん」を中心に、その家族たち(高畑充希さん、藤井隆さん、宮野真守さんら)によるトークや演奏が生放送で届けられる音楽番組です。

昨年の第1回目の放送では深夜の時間帯にも関わらず「#おげんさん」のタグ付きツイート数が30万を超え、紅白に匹敵する反響があったそうです。

今年放送された第2回目の放送もTwitterトレンドの世界1位になるなど、まだ2回しか放送されていないにも関わらず、すでに多くのファンを獲得し人気を博しています。

星野源さんは今や紅白常連組となっていますが、「おげんさんファミリー」が何らかの形で関わってくる可能性もありそうです。

出場者は毎年11月中旬~下旬ごろに発表されていますが、残り2ヵ月の間で出場者予想がますます過熱していきそうですね。

関連記事 → 紅白歌合戦司会者2018‐19年は?今年の予想の噂と昨年の評判

関連記事 → 紅白歌合戦出演者 (2018〜19 )予想司会者も決定間近か?

関連記事 → 紅白出場歌手発表はいつ?2018平成最後の総合司会は内村光良に

コメント

タイトルとURLをコピーしました