『みんなで筋肉体操』関西ではやらないの?NHKが攻めてると話題

芸能

テレビを見ながら出演者と一緒に5分間の筋トレをしよう!

それで引き締まった理想的なボディを手に入れよう!

というNHKの番組『みんなで筋肉体操』が話題になっています。

この番組、関西では放送しないのでしょうか。

近畿大学准教授である谷本道哉先生による筋肉指導のもと、俳優である武田真治さん、庭師でスウェーデン生まれの村雨辰剛さん、そして新人弁護士の小林航太さんが、私たちにかわってスタイリッシュに筋肉を鍛える様子が、「NHK攻めてる!」とざわついています。

スポンサーリンク



NHKが攻めていると話題『みんなで筋肉体操』武田真治他出演

出演するのは俳優の武田真治さん、庭師の村雨辰剛さん、弁護士の小林航太さん。

筋肉番組っぽくない感じです。

番組で紹介するのは、最新の科学的理論に裏打ちされた「効率的な筋トレ」です。

バーベルやダンベルなどの道具も必要なく、健康なボディを最速で手に入れることができる、という内容です。

しかし気になるのはその出演者たち。

放送は8月27日(月)から30日(木)まで毎日夜11時50分からの5分間。「腕立て伏せ」「腹筋」「スクワット」「背筋」と各回違う箇所を鍛えることができます

関西では、9月1日(土)23時55分からの放送ですが、週一放送なのかは不明です。

NHKの体操番組といえば、ラジオ体操に代表されるような「全年齢対象」のものが多いのです。

その中でこの番組は「いかに効率的に筋肉を追い込むか」に主眼がおかれている異質のものになっています。

筋トレの指導は近畿大学の准教授で、トレーニング本も多く出版している筋生理学者の谷本道哉さんが担当しています。

大阪大学工学部でトンネル設備設計業務を経験したのち東京大学大学院博士課程を経て2006年に博士号を取得します。

現在は近畿大学の生物理工学部人間工学科で准教授として勤務されています。

一度大学を卒業したのちに、また東大の大学院へ進んだというのだから驚きの頭脳の持ち主です。

しかも工学系から生物系へと進んでいますので、これまた特徴があります。

谷本道哉さんは昔から空手をしており、かなりの筋肉マニア。

そして、いつかは筋肉の道へと憧れる石井直方教授がいる東大大学院へ進みました。

この石井直方教授もお歳の割にはすごいマッチョで、ボディビルダーとしても有名です。

公式サイトで紹介されている谷本道哉さんも出演者も素晴らしい筋肉美です。

『みんなの筋肉体操』が本気のトレーニング番組であることに期待が集まっていました。

出演者は俳優の武田真治さんをはじめとする3人の男性。

武田真治んの他にはスウェーデン出身の庭師の村雨辰剛さん、美しくコスプレするために筋トレを始めたという弁護士の小林航太さんが出演しています。

タンクトップに短いスパッツというシンプルな衣装からは、3人の隆々とした筋肉が見て取れます。

異色の組み合わせのように思えるが、不思議とバランスが取れて見えるのは同じマッチョでも三者三様の体型だからでしょうか。

『みんなで筋肉体操』その他の出演者も個性的

ツイッターなど、ネット上では出演者への注目も高かまっています。

村雨辰剛さんは元はスウェーデン人で2015年に日本に帰化したという経歴の持ち主です。

伝統的な日本文化に魅せられ、18歳で母国・スウェーデンから来日しました。

一生の仕事に庭師を選び、26歳で帰化して「日本人」になりました。

厳しい職人の世界でもまれること7年。

作業着姿もすっかり板に付いています。

イケメンすぎる庭師としてメディに取り上げられることもしばしばですが、現在は庭師を続けながらタレント事務所にも所属しています。

Japanese Dogwood ‘Wolf Eye’ ヤマボウシ 「ウルフ・アイ」

Tatsumasa Murasame 村雨 辰剛さん(@tatsumasa.murasame)がシェアした投稿 –

弁護士の小林航太さんは、ボディビルダーやコスプレイヤーで有名ですが、本職は「弁護士」なのです。

小林航太さんが弁護士を志したきっかけは、弁護士役となって被害者の無罪を証明するゲーム「逆転裁判」だったそうです。

中学生の頃に、「逆転裁判」の主人公(弁護士)である成歩堂龍一が法廷で戦う姿に、「弁護士って面白そうだな」と感じていたとの事です。

非常に勉強のできる子供だったようで、神奈川県内の中高一貫校で、毎年学年の3分の1が東京大学に進むほどの進学校に通っていました。

そんな環境にいたので、「軽い気持ちで」東大の文科一類(法学部に進む区分)に入学したと語っています。

大学に入学したあとは、大好きなゲームとコスプレにのめり込み、気が付けば大学も6年目を迎えていました。

さすがに危機感を感じて、当初の憧れであった弁護士になることを志しました。

そして、東大法学部を卒業して1年後、25歳で首都大学東京の法科大学院に合格しました。大学院には、3年通い、28歳のときに司法試験に一発合格したそうです。

何という経歴でしょうか。

なのに、コスプレイヤーというギャップがすごいです。

現在は、神奈川県の小嶋総合法律事務所に勤務されています。

本格的筋トレ番組への期待

全国20〜60代の男女1,343名に「筋トレ」について調査したところ、約2割が「している」と回答しているとの事です。

筋トレは絶対にしなくてはならないものではない。

その観点からすると自分の健康や肉体への関心高さの表れと言えるでしょう。

出演者への期待が高まる中、やはり重要なのは番組内容です。

実際にどこまで攻めた内容なのか、筋トレ好きを納得させられるほど筋肉を追い込むことができるのかが注目が集まります。

放送予定は8月27日から8月30の計4回。

筋トレの世界には「筋肉は裏切らない」という言葉がありますが、視聴者の期待も裏切らないようなハードな展開になっているのでしょうか。

番組を企画した勝目卓氏はTwitterで

「『みんなの体操』をリスペクトした演出ですが、長く愛される番組になって欲しいと思っています。」

「筋トレが当たり前に日常にあるように地味な自然な存在にしていきたい。」

と思いを明かしています。

「筋トレは回数じゃない。いかに効率的に筋肉を追い込むかだ」

だそうで、効率的かつ丁寧におこなえば1日5分でも十分なのだとか。

こういう正しい知識を教えてくれる番組を待っていた方も多いのではないでしょうか。

若干ツッコミどころもあるこの番組。

異色の筋肉自慢と筋トレしてみるのもいいかもしれませんね。

反響次第ではレギュラー番組化もあるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました