漫画家さくらももこさんが乳がん亡くなる『ちびまる子ちゃん』作者

芸能

『ちびまる子ちゃん』の原作者・さくらももこさんが8月15日、乳がんのため亡くなりました。

53歳でした。

27日、さくらプロダクションの公式サイトで発表されました。

通夜・告別式は、遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われたといいます。

公式サイトでは、

「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。

(享年53)これまで温かい応援をしてくださったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」

と報告しています。

そして、

「さくらは1984年に漫画家としてデビュー。

30周年を迎えた際、次のような言葉があります」

と、さくらさんの生前の言葉を紹介しています。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」

(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

そして

「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。」

としています。

さくらももこさんは静岡県出身で、代表作は『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』『神のちからっ子新聞』などがあります。

エッセイや作詞など多岐にわたって活動しました。

エッセイには自身の私生活での様子を赤裸々にまた、面白おかしくちょっとほんわかする文体(喋り言葉)で綴っています。

まだ、若くて作品が増えた事でしょう。

残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました