相葉雅紀主演『僕とシッポと神楽坂』個性派俳優大倉孝二幼馴染役で

芸能

東京・神楽坂を舞台に、動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語『僕とシッポと神楽坂』。

主演を相葉雅紀さんが演じます。

共演は広末涼子さんとなりました。

スポンサーリンク



相葉雅紀主演『僕とシッポと神楽坂』人気漫画

たらさわみちさんが集英社クリエイティブ「月刊officeYOU」で現在も続編を連載している本作は、東京・神楽坂を舞台に、動物病院を営むあいばさん演じる若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語です。

徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生は達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。

戸惑いながら奮闘を続けていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれ、地域の人々と交流を深めていくことになります。

相葉雅紀さんは、

「お話をいただいた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。

“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人との繋がりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとても素敵な物語だと感じました。

ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです。」

と語っています。

『僕とシッポと神楽坂』個性派俳優大倉孝二出演

さらに、脇を固めるキャストも一挙解禁された。

達也の幼なじみのライター・名倉雅彦を演じるのは大倉孝二さん。

そして「ナルタウン動物病院」の獣医師でトキワに思いを寄せる田代真一を村上淳が演じます。

達也の家の近所にある、赤城出世稲荷神社の神主役には矢柴俊博さん。

達也の母である高円寺貴子役にはかとうかず子さんがキャスティングされました。

また、達也に神楽坂の病院を任せ、姿を消してしまう獣医師・徳丸善次郎を演じるのは、イッセー尾形さんが抜擢されました。

幅広いジャンルで活躍する役者たちが、本作でどのような共演を見せてくれるのか、ストーリーと併せて、こちらの期待も大いに高まります。

また、名脇役、大倉孝二さんに注目が集まります。

舞台をはじめ、各媒体で活躍しています。

優柔不断な青年・コミカルな役・ひねくれ者の役など、クセとインパクトのある役柄を演じることが多く、「キリン生烏龍」などのインパクトのあるCM出演もあります。

1995年、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん(KERA)が主宰する劇団「ナイロン100℃」に入団し、初舞台を踏みました。

松本大洋さんの同名漫画を実写映画化した『ピンポン』(2002年)のアクマ役で注目を浴びました。

以降、『きょうのできごと a day on the planet』(2003年)や

『阿修羅城の瞳』(2005年)などに出演。

NHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)や

『西遊記』(ドラマ版・2006年、劇場版・2007年)に参加したほか、

バラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』(2006~2007年)にレギュラー出演する。

その後も個性派俳優として、

映画『舞妓Haaaan!!!』(2007年)や

『デトロイト・メタル・シティ』(2008年)、

『ヘブンズ・ドア』(2009年)、

『陽だまりの彼女』(2013年)、

『ロマンス』(2015年)などで活躍し、

NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010年)や

KERAがシリーズ監督を務める連続ドラマ『怪奇恋愛作戦』(2015年)

などにも出演しました。

妻は女優の朱門みず穂さんです。

今回、大倉孝二さんが演じるのは、達也の幼馴染でフリーライター。

自分がヒマなのをいいことに、達也を誘って神楽坂の居酒屋で飲んでばかりいるが、達也の優しさを一番わかっている人物でもあります。

『僕とシッポと神楽坂』動物好きに送るハートフルドラマ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の原作は『MF動物病院日誌』や『おいでよ動物病院!』で知られる たらさわみち さんの『僕とシッポと神楽坂』『しっぽ街のコオ先生』の2作品からなっています。

監督には『神様のカルテ』や『60歳のラブレター』の深川栄洋さん。

脚本には『少女たちの羅針盤』『王妃の館』で知られる谷口純一郎さん、『王妃の館]『オルトロスの犬』で知られる国井桂さんです。

プロデューサーには『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の都築歩さん、『おっさんずラブ』の松野千鶴子さん、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の岡美鶴さんが参加と、今をときめくプロが集結しています。

『MF動物病院日誌』の別バージョンとして発表された作品で、コウ先生の奮闘記が描かれ「少し不思議で何だかほっとする」という評価もみられる作品になっているそうです。

さらに、原作の舞台が東京都神楽坂という設定から、ドラマのロケ地には神楽坂、赤城神社が登場することも明らかになっています。

早稲田通りのなかの、大久保通り交差点から外堀通り交差点までの坂である「神楽坂」。

お神輿がこの坂に差し掛かったときに「神楽」を演ずると容易に坂を登ることができたから「神楽坂」となった、などという名前の由来の説もあるところで、その成り立ちに田中角栄元首相が関わっているとも言われる「逆転式一方通行(時間帯によって方向が変わる)」がある坂としても知られます。

また、今回新たなキャストに広末涼子さんの名前が上がっています。

広末涼子さんが扮するのは、達也に請われ坂の上動物病院で働くことになる動物看護師・加瀬トキワ。

心優しく強い女性で、動物看護師としての腕も確かだが、ある大きな秘密を抱えている役どころです。

達也とトキワは固い信頼で結ばれていくが、彼女の秘密によって2人の関係性に変化が生じていきます。

広末涼子さんは、

「一緒にお芝居をしていても、どこまでが相葉さんでどこからがコオ先生なのか、わからないくらい。

一方で、手術のシーンや命に真剣に向き合う場面などはまた違った男っぽい一面も出ていたりして、そのギャップには見ている方々もキュンキュンしてしまうのではないでしょうか!」

とコメントした。

相葉は、広末演じるトキワについて

「優しくて包み込むような部分もありつつ、気の強いところもあって……幅の広いお母さんで、素敵だなって思っています」

とコメントしています。

ドラマ『貴族探偵』以来の主演となる相葉雅紀さん演じるコウ先生はじめ登場人物たちが、新宿の一角で繰り広げるハートウォーミングなドラマに注目したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました