竜星涼は本名?ドラマ「昭和元禄落語心中」出演CMの花輪くんでも

芸能

竜星 涼さんは、1993年生まれの俳優です。

山形県新庄市生まれで、東京都育ちです。身長183cm、体重61.8kgのモデル体型で、MEN ON STYLEのメンバーでもあります。

2009年夏に原宿の竹下通りで美容院に行く途中でスカウトされて、2010年1月に研音に正式に所属しました。

2010年4月期のフジテレビ系列のテレビドラマ『素直になれなくて』で、上野樹里扮する水野月子の教え子役で俳優デビューを果たします。

2012年3月、『ライアーゲーム -再生-』で映画初出演しました。

2013年から放送されたスーパー戦隊シリーズ第37作・『獣電戦隊キョウリュウジャー』の桐生ダイゴ / キョウリュウレッド(声)役でテレビドラマ初主演を果たします。

同作で岩泉猛志ノ介役(ノンクレジット)も務めました。

2013年8月に公開された、『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』で映画初主演。

戦隊ものから徐々に名前を広めていきました。

スポンサーリンク



竜星涼は本名なの?

竜星涼さんという名前はあまりに綺麗すぎなので芸名だと思われます。

事務所では非公開に、なっていますが、高校時代の友人が明かしてしまったようで、竜星涼さんの本名は、三上竜星(みかみりゅうせい)さんとされています。

それでも、芸名のような名前ですね。

生まれながらに芸能人になる事が指名されていたかのようですね。

竜星涼ドラマ「昭和元禄落語心中」出演

若者たちを中心に落語ブームを巻き起こした、雲田はるこ氏による漫画『昭和元禄落語心中』がテレビドラマ化されることになりました。

NH落語の名人・八雲を岡田将生さん、

八雲に弟子入りする元チンピラ・与太郎を竜星涼さんが演じるほか、

成海璃子さん(小夏)、

大政絢さん(みよ吉)、

山崎育三郎さん(助六)らの出演が決まっています。

昭和の落語界を舞台に、噺家の愛おしき素顔と業を描く本格落語作品なっています。

「第17回 文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞や、「第38回 講談社漫画賞」一般部門受賞など、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーで漫画賞を総なめにしました。

2016年、17年の2期にわたってテレビアニメ化もされています。

昭和初期、落語の世界に入った八雲(岡田将生さん)は、同期入門の落語の天才・助六(山崎育三郎さん)と、固い友情で結ばれています。

八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉(大政絢)にも支えられ、成長していきます。

やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまいます。

八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏(成海璃子)を引き取ります。

小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎(竜星涼さん)と共に、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていきます。

本作は、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしていますね。

そんな漫画・アニメ共に人気の『昭和元禄落語心中』が、今回ドラマ化されます。

連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介さんが脚本を、映画監督のタナダユキさんらが演出を、そして音楽を村松崇継さんが担当し、

戦争の時代の落語家たちの生きざま、

芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、

師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリーも描く濃厚にして豊穣なヒューマンドラマにしていくとのことです。

ダイハツ「トコット」の花輪くんでも

ダイハツ「ミラ トコット」勘違い編では、おとなまる子が車を運転して、親友のたまちゃんを迎えに行き、たまちゃんに「 トコット」を「コロッケ」と間違えて紹介してしまう……というストーリーでした。

実写版『おとなまる子』は、原作で9歳(小学3年生)のまる子が、22歳(社会人1年生)になって自動車の免許を取ったら……という架空の設定で、女優の吉岡里帆さん演じるおとなまる子を中心に展開するシリーズ。

このシリーズなら第2弾で花輪くん役で竜星涼さんが出演しています。

父の仕事の手伝いをしていることになっているが(自称)、働いている姿は誰も見たことがない花輪くん。

おとなになっても相変わらず、語頭に「ヘェ~イ」、語尾に「ベイビ~」とつける口癖は変わっていません。

免許は持っているが、今も主にヒデじいの運転するクルマで移動している為、実はペーパードライバー??という設定です。

そのルックスは花輪くんとしてはかなりイケメン過ぎの感もありますが、セリフの加減は丁度いい花輪くん加減です。このシリーズ、まだ続きがあるようで楽しみです。

そして、最近話題となったのはお笑い芸人のゆりやんレトリィバァと俳優の竜星涼さんが出演する、化粧水「肌ラボ極潤」のWEB動画『恋する肌キュンmovie』です。

「肌ラボ極潤」は、2017年より、“恋を呼ぶ、肌になる。恋する肌キュン”というブランドメッセージのもと、メインターゲットの10代の女性を対象にした新しいコミュニケーションを展開中です。

WEB 動画『恋する肌キュン movie』第1弾・第2弾では、とある高校を舞台に、女子高生ゆりやんさんが、クラスメートで幼馴染の竜星涼さんと恋に落ちる姿を、さまざまな胸キュンシーンやキレキレのダンスとともに表現し、大好評でした。

内容は誠にベタな初恋物なのですが、ゆりやんさんのその憎めないルックスと演技力の高さが何故か引き込まれて、そこにありえない彼氏役の竜星涼さんがぴったりとマッチしています。

第3弾で描かれるのは、ゆりやんと竜星涼さんの記念すべき初デート前夜の様子です。

着ていく服にさんざん迷ったり、お出かけスポットを検索したり、お互いの部屋でデートの準備を進める様子を、それぞれの視点から描いた実写のシーンに加えて、デートの妄想を膨らませる場面では、HoneyWorksのヤマコさんが描き下ろしたポップなイラストも登場します。

典型的な「彼氏」として女子の人気が高まる事は必須な竜星涼さん。

今後どんな俳優になっていくのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました