お盆の期間はいつ?東京は7月で地方は8月?迎え火と送り火の日

行事

お盆というと何を思い浮かべますか?

故郷のことや、故郷に帰省してみんなで過ごす夏休みや帰省ラッシュをおもう方もいるでしょう。

お盆とは、ご先祖さまの霊をお迎えして、一緒に時間を過ごしてまた送り出すためイベント。

盆踊りや祭りが開催されるのもこの時期ですよね。

そのため、お盆というと夏の風物詩イベントというイメージを持っている方も多いと思います。

夏の風物詩イベントであるお盆。

お盆はいつなのでしょうか。

地域ごとにお盆の時期が違うことを知っていますか?

大きくは7月8月に分かれていますね。

7月の中旬にあるお盆の、新盆(7月盆)。

そして8月のお盆である旧盆(8月盆)のふたつです。

東京は7月で、地方は8月というのはホントでしょうか。

この新盆と旧盆の違いや地域によって新盆と旧盆が行われていること。

ご先祖さまをお迎えする迎え火と、送り出す送り火の日についてもまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



お盆の期間はいつ?

全国的に広く世間に知られているお盆というと8月中旬に行われるお盆ではないでしょうか。

これは旧盆という言い方をします。

一方で、7月中旬に行われるお盆を新盆といって、だいたい7月15日を中心としてお盆が行われことがあります。

どちらの時期でお盆が行われるかというのは地域によって違いがあるのが多いようですね。

まずは、お盆の時期が新盆と旧盆で違っているのはなぜなのかを見てみたいと思います。

これは明治時代までさかのぼるのですが、明治時代に行われた改暦が関係しているといわれています。

明治時代の改暦というのは、暦の考え方を国際基準に合わせようということがもとになっています。

暦を国際基準に合わせることを目的として行われたのが明治の改暦なのです。

明治の改暦にともなって、日本の各行事はそれまでの予定よりも30日遅れとなりました。

もともと、7月15日に行われていたお盆も、改暦後には新暦の8月15日に行われるようになったといわれています

明治5年(1872年)改暦行われるまでは、旧暦の7月15日(旧暦盆)でした。

改暦が決まったのが明治5年11月で、実施されたのは明治5年12月3日でした。

この年だけは、明治5年12月2日の次の日が明治6年1月1日」だったのです。

お盆の期間、東京は7月で地方は8月?

現在では、東京を中心に7月中旬にお盆を行う地域もありますが、多くの地域では旧盆でのスケジュール。

8月中旬でのスケジュールでお盆が行われています。

なぜ東京が7月中旬のお新盆でお盆を行われているのかについては諸説あります。

たとえば、多くの地域では農業が盛んな7月中は農繁期で忙しいので、時期をずらして8月のお盆にしているとか。

8月の旧盆の時期には帰省の影響で東京から人がいなくなるので、人がたくさん東京にいる7月のうちにお盆を済ませておくという説もあったりします。

実際に7月の新盆で行っても8月の旧盆で行っても、お盆の内容には差はないといわれています。

新盆や旧盆だから行事内容や風習の内容に差があったり違ったりすることはないく。

地域によってお盆をする時期に違いがあるだけと考えるのが自然だといえるでしょう。

新盆が行われるのは、東京を中心とした一部の地域になります。

東京でも多摩地区はなぜか旧盆で8月にお盆を行うようですね。

東京、北海道一部、石川県の金沢市、静岡県の一部が7月にお盆を行うことで知られています。

新盆イベントはだいたい7月15日くらいにイベントやお祭りが開催されているようですね。

いっぽう、8月の旧の日程でお盆を行う地域は多くて、全国的と考えよいでしょう。

新盆で行う地域や一部の例外の地域を除く全国地域にわたって旧盆でお盆が行われているようです。

日本では旧盆を採用している地域が圧倒的に多くてある意味スタンダードになっているといえるでしょう。

8月15日がお盆の中心として、お盆の始まりは8月13日で終わりが16日までという4日間とされていることが多いようですね。

この4日間の間にいろいろなお盆のイベント、催しなどが行われています。

京都のように8月7日といった早くからお盆の始まりを迎える地域もあります。

多くは8月15日が中心と考えられていますよね。

お盆の期間、迎え火と送り火の日

地域による風習やイベントに違いはあるのでしょうか。

迎え火と送り火の日に違いはあるのでしょうか。

お盆期間中に行われることとしては、やはりご先祖さまのお迎えと送り出しですよね。

ここはどの地域でも共通する部分ですよね。

関連するイベント、行事、風習については地域によって違ってくるでしょう。

東京などの新盆を採用している地域では、7月15日を中心と考えて、花火大会や縁日などといったいろいろなお祭りが開催されています。

新盆の地域では7月がお盆で、七夕祭近い日程のため、お盆と七夕のイベントを一緒にする地域もあるようですね。

お盆は、ご先祖さまをお迎えする迎え火と、ご先祖様を送り出す送り火を心を込めてしっかりとすることが何よりも大切なことですよね。

旧盆の地域のなかでは、京都のお盆が有名ですね。

8月15日を中心として、8月7日にご先祖さまのお迎えして、8月16日に送りだすまでに歴史のある色々なイベントが予定されています。

お盆の最終日である8月16日には、有名な五山の送り火(大文字焼き)」が行われます。

この時期になると全国的なニュースでも取り上げられています。一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。

五山の送り火は京都におけるご先祖さまの送り出し行事として、お盆の風物詩です。

他にも旧盆で有名なのは沖縄ではないでしょうか。

沖縄では、お盆に限らずいろいろなイベントを旧暦で行っていることでも知られていますよね。

その中でも「シチグヮチ」とも呼ばれるイベントはお盆の代表的なイベントとして有名です。

「家族を大切に、祖先を大切に」という考えの強い沖縄。

旧暦でのお盆は一年で最も大切な行事として受け継がれています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました