春ドラマ2019おすすめ注目瀬戸康史『デジタル・タトゥー』他も

芸能

2006年にドラマデビューして以来、10年以上も第一線で活躍し続けている若手俳優、瀬戸康史さん。注目されています。

演技力も評価され、実力派俳優への階段を着実に上っていて、出演作品も多くなっています。

スキャンダルもなく、最近ではドラマの主演をはることも多く、特にNHKへの出演が多いです。

将来的に大河ドラマの主演もきそうな予感がしますね。

そんな瀬戸康史さんの春ドラマ2019『デジタル・タトゥー』を解説します。

また、その他のドラマも話題です。

一部ネタバレありますのでお気をつけ下さい。

スポンサーリンク



春ドラマ2019おすすめ『デジタル・タトゥー』

インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷や個人情報の拡散に苦しむ人が後を絶ちません。

他人に知られたくないプライバシーを暴かれ、人格を否定される苦しみはなったもので無いとわからないようです。

過去の違法行為がいつまでもネット上にさらされつづけ、セカンドチャンスを得られない現実があります。

匿名性に隠れた“悪意”はネット空間にいつまでも残り、消えることがありません。

ネットに刻み込まれた傷を刺青(タトゥー)にたとえ、『デジタル・タトゥー』と言うそうです。

このドラマは、インターネットには全く疎い50代「ヤメ検弁護士」と、動画サイトで荒稼ぎする20代ユーチューバーがバディーを組み、デジタル・タトゥーに苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンスドラマとなっています。

あらすじ

岩井堅太郎は元東京地検特捜部検事。

追いかけていた疑獄事件が政治家秘書の自殺によって幕を引かれ、失意のなか検事を退職、弁護士となりました。

ある日、タイガという若者が岩井の元を訪れます。

タイガは年に数千万稼ぐ人気ユーチューバーですが、ある動画をキッカケに炎上、何者かに駅のホームで突き飛ばされたと言うのです。

殺害予告を出した者の特定を依頼された岩井が捜査を始めると、タイガは疑獄事件の首謀として追いかけていた政治家、伊藤秀光の息子であることが判明します。

タイガの狙いは何なのか?

命を狙われているというのは本当なのか?

疑念を抱えながら、アナログ人間・岩井のネットとの格闘が始まります。

 

土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』

放送予定

総合:2019年5月18日(土)スタート よる9時から9時49分 <連続5回>

BS4K:2019年5月15日(水)スタート よる7時50分から8時39分 <連続5回>

浅野妙子

音楽

蓜島邦明

出演

高橋克実、瀬戸康史、唐田えりか、伊武雅刀 ほか

演出

梶原登城、橋爪紳一朗

制作統括

海辺潔

春ドラマ2019注目瀬戸康史他も

一方でもう一つドラマ出演が発表になりました。

4月16日(火)スタートの松坂桃李主演ドラマ『パーフェクトワールド』(毎週火曜夜9:00-9:54※初回20分拡大、フジテレビ系)に、瀬戸康史さんが出演することが分りました。

 

原作は、有賀リエさんの同名コミックです。

車いすに乗る建築士・鮎川樹(松坂桃李さん)は、生涯一人で生きていくと決めていたが、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月さん)と再会。

その心を通わせていくことで、樹自身が変化をしていくラブストーリーです。

コミックはKiss(講談社)で連載中で、単行本は8巻まで刊行されています。

なお2018年10月には、岩田剛典さんと杉咲花さんが出演する実写映画も公開されています。

 

本作で松阪桃李さんと初共演を果たす瀬戸康史さんは、松坂桃李さん扮する樹の恋敵役に。

心優しいアプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史さん)で、幼なじみのつぐみに片思いをしている役どころを演じます。

注目瀬戸康史さんインタビュー

ドラマのオファーを受けた時

「ラブストーリーはそんなに経験がないので、照れくさい部分はありました。

しかし、一人の人間としても役者としても経験を積んで、今こういった作品と巡り会えたことには意味を感じます」

役について

「是枝は、内なる炎は燃えたぎっているのに恋に関して積極的にいけない、そして人に寄り添うことのできる優しい人物です。

しかし彼の中にも攻撃的な部分はあり、人として醜い部分も垣間見えてきます。

そこに人間味を感じるので僕は好きです」

「そういった部分をしっかり演じていくことで、30代前後という大人だけれど、まだどこか幼い中途半端な年齢ならではの恋愛模様が描けるのではないかと」

原作の感想や作品の見どころ

「まず『パーフェクトワールド』という題名に衝撃を受けました。

人間誰しも自分の中で思い描く“パーフェクト”を目指して日々生活していると思いますし、この作品は健常者であろうが障害者であろうがそんなことは関係なく、すべての人間に問いかける作品だと思います。」

初共演となる松坂桃李さんについて

「本当にいろいろな顔を持っているなと思います。

僕は彼の目が好きで、目だけで役を演じられる人だと思っています。

今作では一人の女性に恋をした男と男の心の探り合い、ぶつかり合いが楽しみです。

しかし“昨日の敵は今日の友”…くしくも松坂さんとは実年齢が同い年なので、プライベートでは仲良くしたいですね」

つぐみを演じる、山本美月さんの印象

「同郷ということもあり、以前ご一緒した時からとても接しやすい印象です。

山本さんは一見強そうなイメージがありますが、とても繊細な心の持ち主だと思うので、つぐみの心の動きを正直に丁寧に表現されると思います」

ドラマを通して伝えたいメッセージ

「我々は生きていく上で課題みたいなものを与えられて生活していると思います。

その中で自分の気持ちに嘘をついたり、隠したり、また相手に対してとりたくもない態度をとってしまったり…僕も経験があります。

それは本当に苦しいし、人生を振り返ってみても決して良い思い出ではありません。

でも、このラブストーリーを通して、物事に対して正直になることの大切さを教えてくれている気がします。

後悔してからでは遅い。

後悔しない生き方を僕も学びたいと思います」

 

瀬戸 康史(せと こうじ、1988年5月18日 – )さんは、日本の俳優、タレントです。

ワタナベエンターテインメント所属。

同事務所所属の若手男性俳優集団D-BOYSのメンバー。

また、D-BOYSの中から選ばれた5人組ユニット『D☆DATE』のメンバーでもあります。

福岡県福岡市博多区生まれで、同県嘉穂郡稲築町(現:嘉麻市)出身。

愛称は「瀬戸丸」など。

妹が2人おり、うちひとりは元『non-no』モデルで現在、女優の瀬戸さおりさん。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました