戸次重幸の嫁は市川由衣で子供は?北海道のチームナックス全国区へ

芸能

この夏ドラマ「グッドドクター」が話題となっています。

このドラマの脇役として出演している戸次重幸さんが注目です。

しかも奥様も女優さんで市川由衣さんです。

番組は山崎賢人さん主演の医療ドラマで初回視聴率が二桁に乗りました。

言語発達などに偏りがある自閉症スペクトラム障害、しかし、ごく特定の分野に限ってものすごく優れた才能を発揮するという「サヴァン症候群」を抱える医者新堂湊の奮闘を描きます。新堂湊は小児外科医になるという夢をかなえようとします。

その新堂湊の事が気になり何かと面倒をみる小児科医瀬戸夏美を演じるのは上野樹里さんです。

そして、小児科を束ねる優秀な医師高山誠司を演じるのが藤木直人さんです。

元々、「グッドドクター」は2013年に韓国で放送されたテレビドラマで、主演パク.シオン役をチュウォンさんが演じ「百想芸術大賞」のTVドラマ作品賞を受賞しました。

韓国では放送初回から最終回まで同時間枠視聴率1位をキープし続けて最高視聴率21.5%(ニールセンコリア調べ)を記録し大ヒットとなりました。

大ヒットとした大きな理由は主人公パク.シオンのキャラクターの魅力とそれを演じたチュウォンの高い演技力にありました。

今回山崎賢人さんが自閉症スペクトラム障害という難しい役どころをどのように演じるか注目されるところです。

そして、このドラマで主人公新堂湊の勤める病院の科長間宮啓介役を演じるのが俳優戸次重幸さんです。

間宮啓介は出世と保身が第一の院内政治にばかりに興味があり誠実さが欠けるため現場からは信頼されてはおらず人望が薄いという役どころです。

この癖のある役を演じる戸次重幸さんとはどんな俳優さんなのでしょうか。

スポンサーリンク



戸次重幸ドラマで活躍どんな人?

戸次重幸さんは1973年生まれの44歳です。

北海道札幌市出身です。

大学浪人時代にイッセー尾形さんの一人芝居をみて感銘をうけ、大学受験をやめて俳優になろうと思ったが家族の大反対を受け止む無く北海学園大学へ進みました。

演劇研究会に入り、そこで大泉洋さん、安田顕さんと出会うこととなります。

1回限りのユニット「チームナックス」を結成、舞台活動を始めます。

大学卒業後は上京して劇団の研究生として俳優の道を行こうとしていましたが、留年中に「チームナックス」が再結成されて規模がどんどん大きくなってしまいそのため「東京からオファーをうける。」を目標とし、ローカルタレントを続けながら「チームナックス」のメンバーとしても活動していくこととしました。

その後の「チームナックス」の活躍は凄いものがありました。

既に道内では人気のあった大泉洋さんが全国区で活躍するようになり、今やドラマに映画にバラエティー番組に引っ張りだこです。

安田顕さんもドラマで主演をするなど忙しくされていますね。

その中で戸次重幸さんは少し地味目というか、目立たない存在でした。

やっと最近全国区の番組に登場するようになりましたね。そして、「チームナックス」の舞台チケットは今やなかなか取れないほど人気があります。

その中で性格からチーム内からは「ミスター残念」や「40歳児」と呼ばれていますね。

性格がマイペース過ぎる、

必ず禁煙に失敗する、

極度の怖がりである、

ガンダムオタクである、

空振りの暴君など様々なキャッチコピーがついています。

大泉洋さんには「小学校高学年までおばあちゃんのおっぱいを吸っていた。」という衝撃的な暴露までされてしまいました。

しかし、そんな戸次重幸さんもプライベートでは残念を返上する出来事がおこります。

戸次重幸嫁は市川由衣

戸次重幸さんは2015年にかねてからお付き合いしていた女優の市川由衣さんとの入籍を発表しました。

2016年には第一子の妊娠を報告同年に男の子が産まれた事を報告しています。

お2人の出会いは2014年に行われたNHK.BSプレミアムのドラマ「おわんこTV」の撮影でした。

最初は友達としての関係でしたが、だんだんとお付き合いをするようになったそうです。

幸せいっぱいの戸次重幸さんですが一方、奥様の市川由衣さんとはどんな方なのでしょう。1986年産まれの女優さんです。

小学校高学年から読者モデルとして活躍その後、町でスカウトされてデビューしました。

1999年に、ナムコが主催の第3回スタアオーディションでグランプリを獲得、2000年からグラビアアイドルとして活動を開始しました。

2003年に研音に移籍し、「呪怨」で映画デビューを果たしました。

森高千里さんの「雨」のカバーでCDデビューもしましたが、シングル4枚、アルバム1枚リリース後歌手活動は休止、女優業に専念することとなりました。

2006年「サイレン~FORBIDDEN SIREN~」で映画初主演をし、「NANA2」では宮崎あおいの後役を引き継ぎました。2007年にはJRA北海道のキャンペーンキャラクターを務めました。

2010年「桂ちづる診察日記」で連続ドラマ初主演しました。

その後、戸次重幸さんとドラマ共演になりますが1年2ヶ月の交際期間の始まりは「結婚を前提として付き合って欲しい。」というものでした。

市川由衣さんの方も「感覚的にこの人とずっと一緒にいるだろうと思った。」そうです。

新婚生活もお互いに好きな事それぞれやっている空気みたいな存在とのろけています。

今は家族も増えて賑やかで幸せな図が浮かびます。

チームナックスの知名度と今後の活動

そんな戸次重幸さんが所属する「チームナックス」は

森崎博之さん、

安田顕さん、

戸次重幸さん、

大泉洋さん、

音尾琢真さん

からなる演劇ユニットです。

既に全国区で人気の演劇ユニットですが、今はそれぞれ活動が忙しくユニットとして俳優3年に1度の公演になっているようです。

よってチケットはなかなか手に入れるのは難しいとのことです。

ユニットとしての活動の間が空いてしまうためファンからは解散の噂も度々起きています。が、安田顕さんによると「解散は全くないです。お客さんが求めてくれる限り解散はないです。」と断言しています。

北海道のローカル番組も様々なお仕事をこなし、大泉洋さんが「北海道を捨てた。」と言われながら(ご本人は否定していますが)大きくなってきた「チームナックス」。

今後の活動が気になるとともに、ぞれぞれの俳優としての活動のも期待が高まります。

そんな中リーダーの森崎博之さんは比較的北海道に留まる活動をしています。

北海道愛が大きく、メンバーが何時でも帰って来られるよう守っているのだとか。

結成21年の秘訣はこんなところにあるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました